同窓会会則

第1章 総則

第1条 本会は福島県立郡山高等学校同窓会と称し、事務局を補則の定めるところにおく。

第3章 会員

第3条 本会会員は下記のとおりとする。
1) 本校卒業生
2) 本校の転退学で総会で認めたもの

第5章 役員

第5条 本会に次の役員をおく。
会長 1名
副会長 3名
会計監査 3名
会計 2名
書記 2名
常任幹事 若干名
非常任役員 若干名
代表幹事 各期1名
幹事 各期各学級2名
支部長
顧問
第6条 役員の任務は次のとおりとする。
1) 会長は本会を代表し、会務を統括する。
2) 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは、その職務を代行する。
3) 会計監査は会計を監査する。
4) 会計は本会の会計を司る。
5) 常任幹事は本会の企画・運営並びに事業計画の立案にあたる。
7) 各期代表幹事は同期幹事を統括し、本会運営に協力する。
8) 幹事は同期生の会務連絡に関する事務を行い、常任幹事会の事業計画について審議し、その執行にあたる。
9) 支部長は支部一切の事務を統括する。
10) 顧問は会長に諮問に応ずる。
第7条 役員は、次の方法によって選出し、その任期は3年とし、再生を妨げない。
1) 会長・副会長及び会計監査は常任幹事会において選出する。
2) 代表幹事は、各期1名を会長が委嘱する。
3) 幹事は、各期卒業生から各学級2名を会長が委嘱する。
4) 代表幹事・幹事が職務遂行が困難となった場合、後任者を推挙し常任幹事会の承認を得て退任出来る。
5) 会計・書記・常任幹事は幹事の中から会長が委嘱する。
6) 支部長は会長が委嘱する。
7) 顧問は会長が委嘱する。
8) 非常任役員は会長が委嘱する。

第6章 総会

第8条 1. 総会は3年毎に開き、役員信任・会則の変吏・会計の承認・支部設立・その他重要事項を審議する。
2. 会長が必要と認めた場合は臨時に開くことができる。
第9条 1. 総会は、会長が召集する。
2. 総会の議事は出席者の過半数によって議決する。

第7章 常任幹事及び幹事会

第10条 1. 本会に常任幹事会を設け、幹事長1名・副幹事長2名を常任幹事の互選により選出する。
2. 幹事長・副幹事長は、会運営の事務を統括する。
第11条 常任幹事会は、会長・副会長・会計・会計監査・幹事長・副幹事長・書記・代表幹事・命を受けた非常任幹事をもって構成し、会長が必要に応じて召集する。
第12条 常任幹事会の任務は、次のとおりとする。
1) 本会の企画・運営並びに庶務
2) 総会の運営
3) 予算・事業計画の立案
4) その他必要事項の処理
第13条 幹事会は、会長・副会長・会計・会計監査・幹事長・副幹事長・書記・各期幹事・命を受けた非常任幹事をもって構成し、会長が必要に応じて召集する。 任務は次のとおりとする。
1) 常任幹事会において立案された事業計画について、審議しその執行にあたる。
2) 同期生に関する会務連絡を行う。
3) その他必要事項の処理をする。

第8章 支部

第14条 1. 総会の承認を得て、必要な地区に支部を設立することができる。
2. 支部の会則は、本会則に準じて定める。

第9章 会計

第15条 本会の経費は、入会金2,000円、終身会費3,000円、寄付金をもってこれにあてる。
第16条 本会の会計年度は、4月1日にはじまり、翌年3月31日におわる。
第17条 本会に次の帳簿を備える。
  1. 会則
  2. 会員名簿
  3. 役員名簿
  4. 会計簿
  5. 記録簿
  6. その他必要と認める帳簿

第10章 会則改正

第18条 本会則を改正する場合は、総会の議決による。

第11章 補則

第19条 会長は、会務を処理するため、常任幹事会にはかり、必要な事項に関して細則を定めることができる。
第20条 第1章第1条の定める同窓会事務局の設置場所について。
1) 本会の事務局を福島県立郡山高等学校内におく。
2) 本補則の変更は、常任幹事会の出席者の過半数によって議決することができる。

付則

本会則は、昭和55年3月1日より施行する。

平成元年 4月 2日 一部改正
平成 5年 8月14日 一部改正
平成 6年11月16日 一部改正
平成 8年 8月15日 一部改正
平成11年 8月 14日 一部改正
平成13年 1月  2日 一部改正
平成18年 9月  3日 一部改正